さをり工房MENOへようこそ!

さをり工房MENOは、大阪府阪南市に教室を置き、広く生徒さんを募集しています。
教室の概要、料金などはこちらのページへ → さをり織り教室のご案内
お問い合わせは、右側の連絡フォームから、もしくは、メール mukubkk@gmail.com
あるいは、電話 080-3988-5990までお願いします。


2018年7月15日日曜日

展示会、絶賛開催中です。

今日も暑い一日でしたね⁈
被災地の方達やボランティアの方達の事が心配になります。

今回、娘と話をしてこの展示会の収益金の一部を被災地に寄付することに決めました。
お買い上げいただいた皆様のご協力を感謝いたします。

「手織り工房meno」展示会2日目が終わりました。


今日も遠方からのお客様も来てくださいました。
写真を撮り忘れたのが残念です。

皆さん、ご自分にぴったりの手織り服を見つけて買っていかれます。
皆さんの嬉しそうな笑顔にこちらも幸せな気持ちにさせていただきます。
又、皆さんに喜ばれる服を作ろうって元気をいただきます。


ご自分が作られたストールや手織り服を着て来てくださる方達やご自分の織られた布で作った手織り服やバッグを見せてくれる織姫さまもいらっしゃいます。
みんな天才ですね。
同じ形は1つもなく、皆さんご自分に合った形に仕上がっています。
皆さんの作品を見せていただくと本当に幸せな気持ちにさせられます。



展示会をやって本当に良かったって感じる毎日です。娘に感謝です。



展示会も後2日です。

5000円均一のプルオーバーも残り少なくなってますが、ぜひ遊びに来てくださいね。

2018年7月13日金曜日

明日の2時から展示会始まります。


明日から始まる展示会の飾り付けをしました。

フィンランドの伝統工芸「ヒンメリ」も作りました。
3つしかできませんでしたが、大きいのが5000円、小さいのが2000円です。
影が素敵で部屋に一個あるだけでとっても涼しげです。

組織織りのランチョンマットにコースター、
そしてブンデンローゼンゴン織りの鍋敷きもありますよ。


羊さんと木の模様ですが、真ん中のが羊に見えない😅
研究の余地ありです。

男の子と女の子は割とうまくいったかな⁇
楽しみながら作りました。



他にも私が楽しみながら作った小物達も見て下さいね。

プルオーバーはお約束の5000円均一です。
ジャケットやワンピースは金額が違うのでご確認くださいね。


ストールもいろいろあります。
肌触り最高のヨーロピアンリネン100%のストールやオーガニックコットン100%のワッフル織りストール、そしてコットン100%の組織織りカラフルストールなど。


紫陽花のリースも大小一個ずつあります。
欲しい人はスタッフに言ってくださいね。
今回、シャーリングストールやメビウスストールも少しですが作りました。


明日7月14日2時からスタートです。
よろしくお願いします。

明日は猛暑になりそうです。
おうちにワンちゃんや猫ちゃんをお留守番させる時はクーラーを入れてあげてくださいね。
皆さんも水分補給をしっかりして熱中症に気をつけてくださいね。



2018年7月9日月曜日

展示会の作品作っています



今週の土曜日から始まる展示会の作品の追加です。
教室ではご希望があれば、織り姫様のためにタテ糸を準備するのですが、足りなくなったら困るのでいつも多めに準備しています。


そして、織り姫様の作品ができた後、残りのタテ糸を使って何になるかわからないけど、とにかく織り上げるという作業をします。

今回のプルオーバー達の中には、そんなタテ糸の残りで織った布同士をはぎ合わせたり、足りない分を追加で織ったりして作ったものも沢山あります。
もしかして、貴方が織ったタテ糸と同じタテ糸の作品が見つかるかもしれません。
少ない布で服を作る方法や足りない部分のつなぎ方など参考にしていただけるとうれしいです。

又、この展示会では、私が独学で織っている「ブンデンローゼンゴン」織りのメガネケースも展示しています。
一列に4本ずつ糸を入れていく織り方で、時間もかかるのですが織り布が普通より分厚くなり、私が昔習っていたキルトの綿を間に入れてメガネを守るように仕立ててみました。

これも独学でやっているオーバーショット織りの作品も少し展示してあります。
フランス生まれのビスコーニュ風ピンクッションも作りました。
ビスコーニュとはフランス語で「いびつな」という意味だそうです。たしかにいびつな形です(笑)

本来ビスコーニュは刺繍で作るもののようですが、私は織り布を利用してつなぎ合わせだけに刺繍しています。



中身は糸紡ぎに使う綺麗に洗った羊毛を入れてあります。
羊毛は針のサビを防いでくれますよ。

これらの小物もどうぞ手にとってみてくださいね。

皆様のお越しを楽しみにしております。

2018年7月7日土曜日

突然ですが展示会をします


突然ですが、手織りの展示会をすることにしました。
この数ヶ月、やる気が出ずに織りも仕立ても中途半端になっていました😞

そしたら、娘からの「喝」が入りました😅
「展示会するよ!」の鶴の一声。
展示会の日付けも娘に勝手に決められてしまいました😳
そして、やっと私のお尻に火がつきました〜!

プルトップに限り約20着、全て5000円均一にします。中にはリネン100%やオーガニックコットン、シルクの物も入っています。早い者勝ちです。
(ワンピースや小物類は金額が変わります)

全て私が1人で織って仕立てた物です。

これから始まる暑い季節にピッタリです。
タンクトップの上にサラッと羽織ると涼しいし、買い物にもそのまま出られます(笑)

いっぱい試着して自分が作る時の参考にもしてください。

ギリギリまで作り続けます。
ぜひ、遊びに来てください。

近況報告


今年の5月から6月の頭は親戚の結婚式で福岡に行ったり、東京のモノづくりフェアに行ったり、松本クラフトフェアに行ったり、宮崎で父の絵の展示会があったりと忙しかったです。


いろいろ紹介したかったけど、写真ばかりたまってなかなか記事を書くことができませんでした。

初夏の宮崎は海の風が気持ちよく、海にはサーファーが沢山いました。


今年87歳になる母も元気です。
私が作った紫陽花色のさをり服を着て野生馬がいる「都井岬」に行きました。
この時は紫陽花が咲き始めたばかりでとってもきれいでした。


ついでにちょっと東京台東区で毎年5月に行われる「モノマチ」も紹介します。


台東区の一角にモノづくりの工房が集まっていてこの二日間だけは、掘り出し物があったらお店の中を見せてくれたり楽しいことが満載です。


時計作りの工房や皮、糸、紙、ガラス、アクセサリーのパーツ屋さんなど盛りだくさんです。
どの店もオシャレでお店の方たちも優しくて写真を撮るのを忘れて夢中でお店を回りました。



そしてまたまたついでにもう一枚。
久しぶりの結婚式出席で着る物が無くて大慌てでストールを一枚織りました。
これが本当に大活躍。
会う人会う人みんなに褒められるし、ジャケット代わりになるし、ボロ隠し(笑)にもなるし。
皆さんもぜひ大判のストールを一枚織っておくと便利ですよ。


5年前に亡くなった父の絵の展示会は宮崎の画廊喫茶で開催しました。
どうしてもやってほしいと頼まれて、母と父のアトリエを探してデッサンや水彩画を探し出しました。
多くの方にお越しいただき感謝です。


私の愛犬ルークは6月27日で9歳になりました。
とっても元気な男の子(おじさん)です。


私が家で仕事をしていても何にもいたずらをしないお利口さんです。

盛りだくさんの2ヶ月でした。

大阪は大きな地震があったり、今も大雨が降り続いてますが、心配の連絡もいただきありがとうございます。

ブログもアップしないし、教室も閉まってることが多いので、もう閉店したのではないかと心配したとのお声もいただきました😅

こんな感じでゆる〜くやってますので、お気軽にお越し。いや、突然来られても開いてないことが多いので電話かメールをしてお越しくださいませ。

これからもよろしくお願いします。

5月に松本クラフトフェアに行ってきました。


やっと憧れの「松本クラフトフェア」に行くことができました。

お天気にも恵まれて、会場の「あがたの森」には北アルプスからのさわやかな風が吹いて信州を感じてきました。

陶器やガラス、木工、布類などシンプルで素材にこだわったものが多く時間を忘れて見入ってしまいました。
食べ物屋さんも沢山出ていました。

織りや紡ぎの材料も充実していました。

苧麻は買って帰りたかったけど、帰りのバスは梅田に着く予定なので、ちょっと目立ちすぎると思ってやめました。

蚕と桑の苗も売ってました。
「この子たちは明日から糸を吐くよ」っておじさんが教えてくれました。
これも買いたかった〜。



草木染めの材料も量り売りでありましたよ。

これは紡ぎの材料、羊さんの毛です。
いろんな種類があって、触ったり、色を見たり、勉強になります。

自分で綿を育てて、紡いで、染めて糸を売っている方。
もともと染めのお仕事をしていた女性の方がお一人でされているお店です。

ベンガラ染めのワークショップをやっていました。お店の方は大阪から来られてました。

紡ぎの材料もいっぱいありました。
本当に楽しかった。
来年もぜひ行きたいと思います。
そして、いつか私も出店出来るようにがんばりたいな。

6月の私の作品


今月は色々バッグ作りに挑戦中です。
織りも4枚綜絖に挑戦中です。
織り機と糸はさをりの物ですが、この織りは組織織りと言って決まった形を作っていくのでさをり織りとは違う物です。

これは実家の母のためのタブレット入れ用です。
4枚綜絖は生地がしっかりするのでバッグには良い気がします。


これはA4 サイズの書類が入るトートバッグ。
お世話になった友人へのプレゼント用です。

これは紳士用。
少し小ぶりです。
プレゼントする方が大学教授なので学会の時の書類入れに使っていただけると嬉しいな。


87 歳の母のために作った絡み織りたっぷりジャケットです。
ポケット付きです。